DYES IN HISTORY & ARCHAEOLOGY 37, 25-26 October 2018

DYES IN HISTORY & ARCHAEOLOGY 「歴史と考古学における染色」の第37回年次研究会にDr.ドミニク カルドンの共著者の一人として、ポスターセッションに出席、4種類の藍建液で染めた40枚の羊毛布を展示、それぞれの藍建液について解説してきました。

I attended the 37th annual meeting of Dyes in History & Archaeology as one of coauthor of poster session with Dr.Dominique Cardon, and presented 40 pieces wool clothes dyed with 4 kinds of indigo vats, Sukumo vat with Polygonum tinctorium,  Couched woad vat with Isatis tinctoria, Indigo cakes vat with Indigofera tinctoria and Ryukyu-ai vat with Strobilanthes cusia and explained how to make indigo vats.

https://eventos.fct.unl.pt/dha37/home

タデアイ、ウォード、インド藍、琉球藍の4種類の藍発酵建液それぞれで羊毛布10段階の濃〜淡を4種類で合計40枚を染め、フランス、カナダの共著者3人の50枚と合わせて90枚を展示、2日間に渡って解説しました。

天然染料の国際会議やシンポジウムで出会う人達と久しぶりの再開、そして新しく出会った人達との意見交換、充実した時間を過ごすことができました。このDHA peopleと呼ぶネットワークに参加している科学者や技術者、キューレーター、歴史家は480人余り、自由な雰囲気のDHAです。

会場:NOVA University of Lisbon, Campus Caparica / Caparica Portugal