新年のご挨拶

Indigo tweed spun and woven by raw wool dyed with fermenting indigo vats
藍染:角寿子
  (タデアイとウォードすくも、琉球藍とインド藍沈殿藍の4つの藍発酵建液)
紡績:三河紡毛
  (1779年発明のスピンドルを回転させ繊維を糸にするミュール精紡機使用)
製織:山栄毛織
  (明治大正期〜使われてきた大型シャトル織機の国産ションヘル織機使用)
堅牢度試験:毛研ケケン

藍染の過程:4種類の藍染料をそれぞれ仕込んだ4つの藍建液を順に使い、
      1日1kgの原毛を1つの液で染める。1日染めたら、3日間はその液を
      休ませ、回復を待つ。40kgの原毛を藍染〜酸化、水洗〜天日乾燥3日、
      2ヶ月置いて、水洗〜天日乾燥3日、仕上げまで3ヶ月余りをかけた。


2020年は染織を生業として40年目の年、1989年夏の初めてのパリ滞在以来、美術、工芸、修復、科学など多様な研究、制作活動に導いてくれた友人達へのお礼も込めて、2月26日、フランス国立美術史研究所で、この間に訪ね、協働〜藍建した日本と海外の現場を紹介、自身の4種の藍染料と藍建方法について講演します。

https://www.inha.fr/fr/recherche/programmation-scientifiq ue/en-2019-2020/teintures-naturelles-ou-colorants-de-synthese.html

2019年ホソバタイセイとエゾタイセイ栽培〜染料作り

  Isatis tinctoria ホソバタイセイとIsatis tinctoria yezoensisエゾタイセイ

         ホソバタイセイの茎と葉
          生葉を潰して丸める
   発酵させながら押し固め、乾燥させる
            3週間後
          秋収穫のタイセイ
           秋の下葉を潰す
    春〜夏収穫より発酵は遅いが、匂いは同じ
    春〜秋で、100L建てする量は充分確保できた。


蓼藍の沈澱藍とすくも、ウォードのすくもを作る

Production indigo paste and Sukumo with Polygonum tinctorium, couched woad using green woad ball with Isatis tinctoria

蓼藍を収穫、400L浸ける。harvesting Polygonum tinctorium, then soaking 400L in water

全草を使い藍建用の沈澱藍、葉のみで藍顔料を作る  Making indigo paste for indigo vats and indigo pigments for painting.
葉を水に浸けてインジカンを抽出する  soaking leaves in water for extracting Indican
すくも藍用の蓼藍の乾燥葉とウォードすくも用のウォードボール dry leaves with Polygonum for Sukumo, and woad balls for couched woad
ウォードボールを砕いて、ウォードすくもを作る準備をする Break down woad balls for making couched woad for vats

ウォードすくも発酵建液染原毛の色

ウォードすくも発酵建液(28℃) couched woad vat with fermentation
ウォードすくも発酵建液染原毛1kg(奥:タデアイすくも藍建液染原毛1kg)
1kg of raw wool dyed with fermenting couched woad vat
back: 1kg of raw wool dyed with fermenting Sukumo vat

ウォードすくも+インド藍の麩と灰汁建

Indigo vat fermented with Couched woad+Indigo cake+bran+wood ash lye

 100L建:ウォードすくも、インド藍、小麦麩、灰汁
100L of vat : couched woad, indigo cakes, wheat bran, wood ash lye
攪拌時の液の還元色 the colour of reduction
染めた羊毛布フェルト felt clothes dyed in indigo vat