今年の染納め、藍発酵液に麩をあげて、労をねぎらう

今年建てたすくも藍発酵液200L、よく活性していて、安定している。クリスマスに小麦麩100gを加えて、仕事納めは原毛染め。

攪拌前の様子。活性が安定している今年建てた発酵液200L

 

5週間ぶりの麩100g、水を加えてよく煮て、加え、攪拌する

インジゴ還元のための微生物叢の動態と代謝機能に対する発酵規模の影響

共同研究が International Journal of Molecular Sciences より発行されました

“Effect of Fermentation Scale on Microbiota Dynamics and Metabolic Functions for Indigo Reduction”

Nowshin Farjana, Hiromitsu Furukawa, Hisako Sumi, and Isao Yumoto*

https://www.mdpi.com/2499774  

International Journal o f Molecular Sciences

https://doi.org/10.3390/ijms241914696  

庭の染料植物 Dye-plants in garden

今年はなかなか気温が上がらない春でしたが、6月になり、晴天であれば日中は20度を超え、庭の染料植物達が育ってきました。今年は、昨年種を蒔いたウォードから、ウォードボールを作り、昨年までに作り発酵ー乾燥したウォードボールで2回目の発酵を行い、ウォードすくもを作る予定です。

This year it was spring when the temperature did not rise easily, but in June, if the weather was fine, the temperature exceeded 20 degrees during the day, and the dye plants in the garden grew.
This year, I plan to make woad balls from woad I sowed last year, and then ferment the woad balls that I made last year, fermented and dried for the second time to make couched woad

ニホンアカネRubia akane
ニホンアカネ Rubia akane

 

 

 

 

 

ムラサキ Lithospermum erythrorhizon
ウォード、ホソバタイセイ Isatis tinctoria
ウォード、ホソバタイセイ Isatis tinctoria
ムツバアカネ Rubia tinctorum
コガネバナ Scutellaria baicalensis

NORTH-INDIGO Tweed 制作現場

すくも藍の仕込みから48時間経過、最初は液面のあちらでパチ、こちらでパチと音がして、徐々に感覚がパチ、パチと短くなり、液面にできた藍色の泡が弾ける音だとわかります。すくも藍と仕込みからの経過、状態によって、聞こえる音の強さが違い、発酵が安定するまでの時間も違います。

このすくも藍発酵液はとても染色性が高く、羊原毛やウール布、楮繊維や楮紙、苧麻布、生成綿を淡色から濃色まで彩度が高い藍色に染まります。

 

 

2017〜2022年、種蒔きからウォードすくも作り〜発酵〜染色

2017年、庭にウォードを直播、プランターにエゾタイセイの種をまき、2018年春に庭に移植し、栽培した。時々、布に葉を挟んで、その上から石で葉を叩いて、葉の汁を布に染めつけ、インジゴ色素の含有を確認した。収穫した葉を潰してウォードボール作り〜野外で発酵、秋に納屋に並べ、発酵ー熟成させた。2019年夏〜秋にウォードボールを砕き、水分を加えて発酵させ、すくもにした。2020年〜2022年まで、これを繰り返し3kgできた。

2022年9月、出来たウォードすくも400gを灰汁と小麦麩で新しい容器に仕込み、発酵させた。

2日後、液面に酸化したインジゴによる紫色の膜が現れ、液色が緑色の還元色になったので、7.5Lのステンレスポットに移して、灰汁を加えて6Lに嵩上げした。翌日染色、布が還元色の緑色になり、取り出して酸化、藍色に染まった。いつもの甘く明るいウォードの藍色である。

2017 ウォード Isatis tinctoria seedling
2018 エゾタイセイ Isatis tinctoria yezoensis, seedling
2018 ウォードI.tinctoria エゾタイセイI.yezoensis
2018 ウォード I.tinctoria

2021 エゾタイセイ I.tinctoria yezoensis

色素確認のたたき染 I.yezoensis
2018 ウォードボール woad balls
2019ウォードすくも couched woad

2022 ウォードすくも発酵建液 The fermented couched woad vat
2022 初染 苧麻布 First dyeing ramie cloth

Dominique Cardon & Iris Brémaud published, “PAUL GOUT’S 157 COLOURS”

Dominique Cardon & Iris Brémaud published, “PAUL GOUT’S 157 COLOURS”

ドミニク カルドン、イリス ブレモーが「ポール グッツの157色」を出版しました。

From QR code to publisher site,  QRコードから出版社サイトへ

From PC, パソコンから http://www.lesmotsquiportent.fr

本文30-31ページ 図11:ウォード-インド藍靛建で染色、角寿子の北の藍染織工房、北海道、2022年1月(本著より)

47ページ、図22:アート&染色家、角寿子のウォード-インド藍靛建で染めた青のスケール、北の藍染織工房、北海道(本著より)

pages 30-31, Fig.11: Woad-and Indigo vat “fit for work” in Hisako Sumi’s North-Indigo Textile Art Studio in Hokkaido, January 2022.(from this book)

page 47, Fig.22: Artist and dyer Hisako Sumi’s scale of blues obtained from her couched woad-and-indigo vat in her North-Indigo Art Studio in Hokkaido.(from this book)

新種の藍還元菌A new species of indigo reducing bacteria, “Fundicoccus fermenti sp. nov”

昨年、北の藍染織工房のウォードすくも+インド藍靛(indigo cake)+木灰+小麦麩建液から新種の藍還元菌が分析され、認定されました。(2022年2月14日)

Last year, a new species of indigo-reducing bacteria was analyzed and certified from Woad-Indigo vat(couched woad + indigo cake + wood ash lye+ wheat bran) liquid in North-Indigo Textile Arts Studio. (February 14, 2022)

Fundicoccus fermenti sp. nov

Fundicoccus fermenti sp. nov., an indigo-reducing facultative anaerobic alkaliphile isolated from indigo fermentation liquor used for dyeing

https://doi.org/10.1099/ijsem.0.005239 

インドアイ乾燥葉パウダーの活用 Use Indigofera tinctoria dried leaf powder

インドアイ乾燥葉パウダーの活用:2000年6月にインドアイ乾燥葉パウダーを購入、小樽の工房で試験染、東京・青山のGEICでの定期ワークショップでは、ステンレスボールにパウダーを入れ、水を加え、攪拌、放置、30分ぐらいで藍建液のように液面全体が藍色から紫色の泡で覆われ、染色可能であることを確認、みんなでワクワクして絹やウール、麻を藍染した。

2010年から琉球藍に灰汁と小麦麩で発酵させ、2013年から並行してインド藍靛の灰汁建を始めた。藍靛の灰汁建液に、インドアイ生葉を水に1日浸漬した液を加え、翌日微生物の活性を確認した。

2015年3月、インドアイの畑と藍製造所で乾燥葉を確認して、乾燥葉パウダーを購入、すくも藍発酵建の古い200L液に加えて、発酵が強くなり、藍染、色をを確認した。次にインド藍靛の藍発酵建液100Lの仕込みに使い、麻布、綿糸、原毛それぞれ1kgを染色した。

これらの経過と分析による研究が2021年と今年で2本の共同研究論文になりました。

2020年北方のいろ映像ワークショップ「2種類の藍染料の仕込みから発酵、染色」や、天然染色ノート2021「発酵染」に、活用方法を掲載しています。

「Indigofera tinctoria L.の葉の粉末は、微生物群集の急速な移行を誘導することにより、藍の還元の開始を促進する」

著者:Helena Lopes, Zhihao Tu, Hisako Sumi, Isao Yumoto,

発行: 国際ジャーナル”フロンティア 微生物学部門(非営利)

以下のURLから無料ダウンロードできます。

Regarding the use of Indigofera tinctoria dried leaf powder, I used it for indigo dyeing for the first time in 2000 and made it public at the workshop.
Since 2015, this joint research paper has been the result of a number of indigo fermentation projects and ongoing trials to increase the activity of microorganisms.

Natural Dyeing Note 2021 “Fermented dyeing” (booklet with dye sample clothes) and Kindle version shows how to use it.

“Indigofera tinctoria L. leaf powder promotes initiation of indigo reduction by inducing of rapid transition of the microbial community”,

by Helena Lopes, Zhihao Tu, Hisako Sumi, Isao Yumoto, published in Frontiers in Microbiology, section Extreme Microbiology.

To view the online publication, please click here:

http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2022.957809/full?&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Microbiology&id=957809

This article is an open access publication

 

Utilization of Indigofera tinctoria dried leaf powder: Bought Indigofera tinctoria dried leaf powder in June 2000, test dyeing at atelier in Otaru, regular workshop at GEIC in Aoyama, Tokyo. I left it. After about 30 minutes, the entire liquid surface was covered with indigo to purple bubbles like indigo vats, confirming that it was possible to dye silk, wool, and linen with excitement.

Since 2010, I have been making the fermented indigo vat using the precipitated indigo of Strobilanthes cusia with lye and wheat bran. Indigofera tinctoria fresh keaves immersed in water for 1 day was added to 100 L of indigo cake lye vat, and microbial activity was confirmed the next day.

In March 2015, I visited the field of Indigofera tinctoria and the manufacturing process of indigo cake and dry leaf powder, purchased each, the old fermented sukumo vat 200L, the paste of leaf powder and water added to indigo vat In addition, two days later, the fermentation became stronger and the indigo dyed color was confirmed. Used to prepare Indigo cake 100L vat and dyed 1kg each of ramie, cotton and wool.

The above progress and research based on the analysis of the fermented liquid have become two joint research papers in 2021 and this time.