新作「深淵ーDeep」

楮繊維を染め、土台の大型和紙は、長期の感染自粛期間が続き、展覧会主催という制作時間も限られたため、2015年に訪問した後、すくも藍、琉球藍、インド藍建それぞれで染めた楮を手漉和紙にして頂いた紙漉思考室の前田さんに、私から作品のイメージ、テクスチャーを伝え、流し込み漉きで制作して頂きました。

前回、3種類の藍建液の染色性の違いを確認できていたので、今回は、すくも藍+自家製蓼藍沈澱藍建270L液とウォードすくも藍建100Lそれぞれで4枚を下地作りをして染め、造形して連作4作品にしました。

112cm×112cm,  4点

「深淵ーDeep」の制作映像